読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一つの人格ごとに国家と中央銀行と宇宙を持つ自由を与える

すべての情報に通貨の機能を加える方法と、なんでそれをしなければいけないのかという解説。

最近新しい人にSRNSについて説明している。最初の頃は、「わかりやすく説明できないの?」「まとめて言うと」 等と言ってきたが、頑として受け付けずにできない理由を説明し、議論する体勢に持ち込むとこちらのペースになった。

 

 相手に利益を提示して誘導するしか、うまく説得はできないと一般ではされているが、私はそれが凄まじく不得意なのと、どうやってフィードバックを得たらいいのかがよくわからないので、議論に負けたら全てに従うと考えている人間を探して、集中的に説得することにしている。
 議論に全てを掛けていて、絶対に勝てるほど頭がいいと思っている相手は意見を変えるまで絶対に降伏しない、こちらが強ければ説得した努力を絶対に回収できる。逆に、観葉に見える人間というのは、できるだけ譲歩しておいてある日突然ぶちきれるという、チャーチルが日本に対して抱いていた感覚(日本に圧力をかけて簡単に譲歩するので調子に載っていたら突然戦争を起こされてすぐに旗艦を撃沈された)と同じ性質を持っている。

 表立って主張する人間はそれさえ倒してしまえば遺恨は残らない。

SRNSが一番いい思想でそれと矛盾する思想には欠陥があることを理解したのかと、説得する相手に聞いて「はい」と答えられたのだが、彼は、「善意が循環する社会が良い」という主張と種類が違うので矛盾していないと思っていたそうだ。

 

 それは全く間違っている。第一、善意というのは自分の判断基準からしての悪意を認めない。そして善悪の基準はその時時の権威によって通用する範囲が限定していて、いろいろな定義がありすぎる。それを完全市場以外の原理で人為的に定めて矯正する手法が通用する範囲は限定されているので、すべての状況で指針足りえる思想ではない。

 彼は善意をシステムの設計者が定めることが傲慢でないと思っていたが、それを指摘しても逃げなかった。これぐらい強く主張しても逃げなければ議論が深くなる。具体的な問題から始まって、自分が最も大切に思っていること同士をぶつければとてもいい議論になる。