読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一つの人格ごとに国家と中央銀行と宇宙を持つ自由を与える

すべての情報に通貨の機能を加える方法と、なんでそれをしなければいけないのかという解説。

自分の才能を最大限に生かすために

小学生のころから、他人が優れているといろいろなところで評価されていて、それらがすべてねたましく思えるほど、自分の能力に絶対の自信があり、自分が優れていなければ気がすまない人間がいる。それが私だ。

 しかし、現実は厳しいもので、他人よりも足が遅かったり、テストの点数が低かったり、同年代で大学にsんがくしている人間もいて、彼らに勝つためにはどうしたらいいのかということをいつも考えることになる。

 業が深ければ深いほど、そういうことを考え続ける。たいていの人間は優秀であることをあきらめてしまうのだが、俺は今でもあきらめていない。他人と比較せずに自分が好きなことを楽しんでやってればいいと思うかもしれないが、そういう人間は楽しさに任せて、他人がどうなってもいいと思いがちである。
 本来楽しさとは、自分が変わっていくことを楽しむものだけれども、すぐに他人を変えたがる人間の本性がそれを残酷なものへと変えてしまう。
 それをなくすためにはありとあらゆる観点から他人に評価してもらえば、倫理面をそれほど気にせずに楽しく遊ぶことができるようになる。そのために評価期間である中央銀行をたくさん作る必要がある。